ビワイチ(自転車に寄る琵琶湖1周)に挑戦しました

例年、5月の連休と8月の夏休みには京都まで自転車で行っていたのですが、もう8回行ったのでさすがに飽きてきたし、ということで、この夏休みは琵琶湖一周(ビワイチ)に挑戦しました。名古屋から京都までなら150km程度、私にとっての1日の最長走行距離は5月のAACRの160kmだったのですが、琵琶湖1周だと200kmくらいあります(公称193km)。私にとっては初の200kmライドです。

琵琶湖1周なんて各自勝手に回ればよさそうなものですが、「ビワイチ」でぐぐると「輪の国びわ湖推進協議会」とかいう団体のページがトップに出ます。

www.biwako1.jp

おおむね、このサイトの地図にのっとって走ることにします。

f:id:kmaebashi:20190818224659p:plain

といっても、この地図を見ても、ルートは一通りではありません。細かい差異は置いておくとして、琵琶湖の最狭部にかかっている琵琶湖大橋を渡って、琵琶湖大橋より北の部分だけを1周するルートもあり、これをもってビワイチ達成、とする人もいるようですが、今回は愚直に全部回ることとします。

さて出発。なにしろ初の200kmライドなので、体力温存のため、琵琶湖湖畔まで行くのも自走ではなく輪行で。

宿は彦根に取ったので、新幹線で米原まで行って、米原駅輪行解除、自走で彦根まで行きます。

f:id:kmaebashi:20190811185120j:plain

彦根で晩飯食べつつ酒飲もうと思ったら、近所にはチェーン店の焼き鳥屋しかなかった。

f:id:kmaebashi:20190811201056j:plain

f:id:kmaebashi:20190811201709j:plain

f:id:kmaebashi:20190811202050j:plain

f:id:kmaebashi:20190811204530j:plain

f:id:kmaebashi:20190811205825j:plain

いくら翌日いっぱい走るからって、食いすぎである。

さて翌朝。AM5時すぎぐらいに出発です。

f:id:kmaebashi:20190812051734j:plain

ホテルを出るところ。写真の日付によると05:17。

f:id:kmaebashi:20190812052850j:plain

湖畔に出ました。

ビワイチのコースには、このように、青いマークが書いてあります…… まあだいたいは。ていうか琵琶湖大橋以北にはたいてい書いてあったけど、南の方はほとんどなかった気がする。

私の場合は彦根を起点に、反時計回りで周ります。ビワイチはたいてい反時計回りで回りますが、これは自転車は左側通行なので、左手に琵琶湖を臨みながら走り続けられるから、ということのようです。

f:id:kmaebashi:20190812052857j:plain

25kmほど走ったところの道の駅。06:30頃。給水はできたけど、時間が早すぎて食べ物屋は開いてなかった。

f:id:kmaebashi:20190812063005j:plain

事前にちょっと調べたブログ記事で、「1か所だけトンネルがあってそこが怖かった」とあったのですが、このトンネルはあっという間に終わってしまった。

f:id:kmaebashi:20190812063850j:plain

どうも、そのブログの方が怖く感じたトンネルは、青い印に沿って走ると迂回するようです。

ところでビワイチ関係なく、私のロードバイク(2017年の3月に購入)の総走行距離が1万キロを超えようとしていました。

f:id:kmaebashi:20190812065204j:plain

琵琶湖一周なので基本平坦なのですが、湖北のあたりにはちょっと山もあります。

f:id:kmaebashi:20190812065857j:plain

何やら工事中だったようですが、自転車は通れた。

f:id:kmaebashi:20190812070059j:plain

工事中エリアの中にもトンネルがありましたが、これもすぐに終わった。

f:id:kmaebashi:20190812070200j:plain

トンネルを抜けたところで、このロードバイクの走行距離が1万キロを突破しました!

f:id:kmaebashi:20190812070516j:plain

湖北のあたりはコンビニもほとんどなくて、そろそろ腹も減ったし困ったな、と思ったところでローソン発見。塩分補給も兼ねてこんなものを。

f:id:kmaebashi:20190812073135j:plain

上の写真で一緒に買ってるカロリーメイトは、その後のトイレ休憩の時に食べました。

f:id:kmaebashi:20190812095226j:plain

この時点で、09:49頃。位置はこのあたり。

f:id:kmaebashi:20190818232128j:plain

100kmちょい走ったところでカフェに入って昼食。近江牛ドッグ。

f:id:kmaebashi:20190812114533j:plain

いまここ。11:44。

f:id:kmaebashi:20190818232428j:plain

ここから琵琶湖大橋を渡ってしまえば近いのですが、がんばって南側も走る。

「自転車処どてるし」というスポーツバイクのパーツショップがあって、ソフトクリームが食べられるというので寄ってみる。

f:id:kmaebashi:20190812122501j:plain

お店の外観。

f:id:kmaebashi:20190812124009j:plain

さらに走って近江大橋。いつも京都に行くときはここを渡ります。この橋は、ほとんど琵琶湖の下端にかかっているので、ここで渡ってショートカットしてもよさそうなものなのですが、愚直に全部周ることにします。

f:id:kmaebashi:20190812140042j:plain

……で、だ、上で挙げた「輪の国びわ湖推進協議会」のページのマップを見てみると、

f:id:kmaebashi:20190818233124j:plain

こんなとこまで琵琶湖なの? ここって川じゃないの?

……と思いつつ、全部周る。

南郷洗堰というところで、琵琶湖というか、瀬田川を渡ります。

f:id:kmaebashi:20190812143844j:plain

いつも京都に行くときに寄るイオンモール草津店で銀だこ。あんまりここで時間を浪費すべきではなかったとは思うのですが。

f:id:kmaebashi:20190812152006j:plain

さて、ここから先は、いつも京都から帰るときに通るルートだ……と言えればよいのですが、いつも京都に行くときは、湖畔道路の曲がりくねった道を田舎道でショートカットしているわけで、今回は、そこも愚直に湖畔道路を走ります。

で、いつも湖畔道路から離れる分岐点ローソン(と私が勝手に呼んでいる)まで辿り着いた。あとは本当にいつものルート。

f:id:kmaebashi:20190812170232j:plain

173km地点のローソン。お茶を購入。

f:id:kmaebashi:20190812174319j:plain

182km地点くらいのセブンイレブンで最後の補給。さっきのローソンから10km走ってないですが、ローソンで食べ忘れたのと、この先しばらくコンビニもないはずなので(…と思っていたら、なんかファミマができてたようだ)。

f:id:kmaebashi:20190812180944j:plain

湖岸道路で日が暮れます。

f:id:kmaebashi:20190812183501j:plain

夕日に照らされる山。

f:id:kmaebashi:20190812183504j:plain

まあでも、暗くなる前に湖岸道路を脱出できて助かりました。湖岸道路は街灯とか全然なくて、ここをしょぼい自転車のライトで走りたくはないわけで。

朝、出発したホテルに到着。19:16、197.87km。

f:id:kmaebashi:20190812191644j:plain

このホテルで連泊できればよかったのですが、部屋が取れなかったので、この晩は別のホテルに泊まります。このホテルには荷物だけ預かっていただいたので、それを受け取って次のホテルまで自走。

f:id:kmaebashi:20190812195219j:plain

最終的な走行距離は、201.3kmとなりました。

当然、飲みに出ます。ホテルのそばにはまた焼き鳥屋しかなかった。

f:id:kmaebashi:20190812205426j:plain

f:id:kmaebashi:20190812205624j:plain

f:id:kmaebashi:20190812211251j:plain

f:id:kmaebashi:20190812211606j:plain

f:id:kmaebashi:20190812212952j:plain

f:id:kmaebashi:20190812214717j:plain

食いすぎである。(ついでに、飲みすぎである)

翌朝、彦根から名古屋まで80kmくらい、自走して帰るか新幹線で帰るかで迷いました。この時期の国道21号とか養老山脈とかの山道って私にとっては結構「走りたい道」で、距離的にもたいしたことはないのですが……

前の晩、あんなにビールを飲んだのにおしっこした覚えがないとか、翌朝出たおしっこがやけに色が濃かったとか、夜中に持病の外耳炎が急に痛くなったとかがあって、体が脱水状態になっている可能性を考え、おとなしく輪行で帰りました。世間がこれだけ熱中症熱中症と騒いでいる中、好き好んで自転車で走ってぶっ倒れたら誰も同情してくれないよね。

米原駅まで行ったら、レンタサイクルの貸し出しをしてました。レンタサイクルで走るような人が、もちろん1日で走るわけではないにせよ、200km走るって結構きついんじゃないかなあ。

f:id:kmaebashi:20190813122259j:plain

f:id:kmaebashi:20190813122305j:plain

琵琶湖大橋以南はクルマで渋滞してたりで走りにくかったので、またやるとしたら、琵琶湖大橋以北だけでいいかなあ……

 ところで、「輪の国びわ湖推進協議会」では琵琶湖1周の認定証を発行しているようですが、私にはやり方がよくわからなかった。Google先生が私の居場所を勝手にぶっこ抜いてタイムラインを作ってくれているので、これが証明になるでしょう。

f:id:kmaebashi:20190819001602j:plain

 

しまなみ海道にリベンジに行った……はずが

昨年、自転車乗りの聖地とも楽園とも言われるしまなみ海道にはじめて行ったのですが、当日は素晴らしく天気がよかったものの、折悪しくその1週間前の水害の爪痕が残っており、一部崖崩れしてたり、食べ物屋さんの類が断水で寄れなかったり、たいへん楽しかったのですがいまひとつ残念であったので、リベンジを誓ったのでした。

kmaebashi.hatenablog.com

kmaebashi.hatenablog.com

そして今年。去年と同様7月の3連休に宿を取り、行ったのですが、水害の爪痕こそなかったものの、今年は当日の天気が悪かった…… orz

7/13の朝。始発の新幹線(06:20)で名古屋駅から新尾道まで移動します。

f:id:kmaebashi:20190713053517j:plain

輪行袋に自転車詰める。

f:id:kmaebashi:20190713082007j:plain

福山で乗り換え。

f:id:kmaebashi:20190713084657j:plain

新尾道に着いたところ。既に降っている……
天気予報を見ながら、なんとか土曜の夕方ぐらいまでは持たないものかと思っていたのですが……

とはいえこの時点では本降りではなく、しまなみ海道を走り始めた時点では「時々雨がぱらつく」レベルでした。

f:id:kmaebashi:20190713090346j:plain

とにかく輪行解除して走り始めます。
昨年は、輪行袋新尾道駅のコインロッカーに置いていきました。この時期背中には何も背負いたくないし、写真にあるサドルバッグでは着替えを入れると一杯で輪行袋は入らないからです。しかし今年は、天気が天気なので、いつ輪行で帰りたくなるかわからないため、ヘルメット袋にしている簡易リュックで輪行袋を背負って走りました。結果的には正解だった。

f:id:kmaebashi:20190713091953j:plain

去年寄ったのと同じローソンで補給。去年は水はおひとり様2本までだったし断水でトイレも借りられなかったのですが、今年は当然そんな制限はなし。

f:id:kmaebashi:20190713093652j:plain

最初の島である向島までは船で渡ります。

f:id:kmaebashi:20190713095135j:plain

到着するとこ。

f:id:kmaebashi:20190713095355j:plain

そして、青い線。これを辿れば今治まで行ける。この場所に関する限り、ほぼ消えかけてますが。

f:id:kmaebashi:20190713100920j:plain

因島大橋。この橋は自転車は橋の下を通ります(去年の記事には写真もあります)。

f:id:kmaebashi:20190713104915j:plain

去年は開いてなかったお店で、

f:id:kmaebashi:20190713104330j:plain

はっさく大福をいただく。

f:id:kmaebashi:20190713111038j:plain

f:id:kmaebashi:20190713111402j:plain

生口橋で生地島に渡ります。

f:id:kmaebashi:20190713112811j:plain

去年と違い、トイレが機能しているのは助かります。
しかし、この辺から本格的に降り出した。

f:id:kmaebashi:20190713113755j:plain

「地だこ天」とかいうのをいただきます。

f:id:kmaebashi:20190713113953j:plain

こんなの。

f:id:kmaebashi:20190713114454j:plain

そしてジェラードも。デコみかん。

f:id:kmaebashi:20190713115602j:plain

ジェラードのお店は、「サイクルオアシス」にもなっていました。まあ空気入れ貸してくれるだけなんですけど(水やトイレは、何か買わないと使える感じじゃなかったなあ)。

f:id:kmaebashi:20190713122112j:plain

多々羅大橋

この辺からはもう、写真を撮る余裕もなくなってきています。

f:id:kmaebashi:20190713123511j:plain

サイクリストの聖地も、雨の中じゃねえ。

f:id:kmaebashi:20190713123555j:plain

説明。

f:id:kmaebashi:20190713131311j:plain

伯方島で遅めの昼食。しらす丼
びしょ濡れなので、食事にも気を使いますね……店の人がでっかいビニール袋を出してくれたので、それ椅子にしいて座る。

f:id:kmaebashi:20190713152539j:plain

ようやく今治です

1日のほとんどを雨の中走ってきたわけですが、まあ、濡れていくと決めてしまえば、雨の中でも走れないわけではありません。この時期ならカッパもなくても大丈夫。水を買うためにコンビニに寄る手間もかかりません。しかし、ブレーキの効きが悪くなって安全マージン下がりますし、それより何より、こんな雨の中走って楽しいかというと……

で、ホテルにチェックインして、後輪が跳ね上げた泥水で泥だらけになった背中の簡易リュックとサドルバックを風呂場で洗って干しつつ、サイクルウェアはコインランドリーで洗濯しつつ、風呂に入って、

f:id:kmaebashi:20190713182635j:plain

近所の飲み屋さんでようやくビール。

f:id:kmaebashi:20190713183911j:plain

カンパチのカマ焼きとか。

f:id:kmaebashi:20190713185421j:plain

刺身盛り合わせとか。

f:id:kmaebashi:20190713193445j:plain

じゃこ天とか。

で、早々に寝てしまって、

f:id:kmaebashi:20190714071014j:plain

翌朝の朝食は今治駅のお店でパニーニ。なかなか当たりであった。

さて、問題は、2日目、自転車で尾道まで戻るか、このまま今治駅から輪行で帰ってしまうかです。一応天気は回復基調にはあるようなので、駅前のホテルに戻り、しばらくうだうだしてからまた外に出てみたのですが…… まだまだ結構降っていたのであきらめて、結局今治駅から輪行で帰りました。

f:id:kmaebashi:20190714132249j:plain

帰りの新幹線で、駅弁。

f:id:kmaebashi:20190715130256j:plain

翌日は洗車しました。汚れているのもさることながら、チェーンの油もすっかり落ちてた。

今回、リベンジに失敗したので、また行かなきゃいけませんねえ。

 

React.jsでテトリス風ゲームを作ったよ

タイトルの通り、React.jsでテトリス風のゲームを作りました。

http://kmaebashi.com/programmer/reacttetris/index.html

ゲーム画面はこんな感じ。

f:id:kmaebashi:20190701005922p:plain

React.jsによるテトリス風ゲーム

遊び方やゲーム本体のページへのリンク、ソースプログラム一式は上記のページに記載しています。

見た目、前回のCanvasを使ったJavaScriptテトリスと何が違うんだ、と言われそうですが、中身は結構違うのです。いやほんと。

前回のJavaScriptテトリスではCanvasを使っていましたが、仮想DOMを使うReact.jsでゲームステージをCanvasで描いていたらメリットも使い方もわからないわけで、そこで今回はゲームステージはtableで作っています。Nextのところが同じクラスで作れたのがReact.jsのコンポーネント指向の強み? でも正直、自力でDOMをいじっても、うまく作れば同様のソースの再利用はできるのでは。

あとは正直、React.js版はCanvas版と比べて動きがちょっともっさりしている(特に↓押下時)気がするのですが、これは作りが悪いんでしょうか。

緑のアルプスあずみのセンチュリーライド(緑のAACR)に参加してきました

先週末は長野県安曇野市で行われる自転車イベント「緑のアルプスあずみのセンチュリーライド」(略称:緑のAACR)に参加してました。

aacr.jp

そういやここには書いてなかったですが、緑のAACRは昨年も参加しています。昨年は120kmでエントリしましたが(エントリ時点でそれしか空いてなかった)、今年は正しくセンチュリーライドである(?)160kmでエントリしました。

走るのは5/26(日)ですが、受付は前日ですし、スタートが朝の05:20なので前日から移動しておく必要があります。特急で輪行し、受付を済ませて地元の知人と酒飲んだりして、翌朝いよいよ出走です。

f:id:kmaebashi:20190526045547j:plain

スタート前。私は05:20スタートの組で、05:00スタートの組のスタートを待っているところです。

f:id:kmaebashi:20190526051002j:plain

いよいよスタート前です。前方にゲートが見えます。

痛ジャージと言うのか、萌え絵をあしらったジャージが結構ありましたね。スタート地点で見まわすと、(これは「萌え絵をあしらった」ものではないですが)チームFORTUNAジャージの人が3人いました。もちろん全員男性。

で、スタートすると写真を撮る余裕もそうそうないわけで、以後、写真はエイドでの補給食が主体になります。AACRはエイドの補給がおいしいので有名なのですよ。

f:id:kmaebashi:20190526063239j:plain

最初のエイド、あずみの公園穂高エイド。

自転車というのは風の影響をもろに受ける乗り物なので、ここに来るまで、ちょくちょく向かい風になるのが結構辛かったなあ。

120kmで参加すると、あずみの公園がスタート地点になります。

で、ここの補給食。

f:id:kmaebashi:20190526063516j:plain

米粉パンに、

f:id:kmaebashi:20190526063709j:plain

信濃銘菓あずさ。朝飯あんなに食ってくる必要はなかったな。

穂高エイドから20kmばかり走ると、あずみの公園大町エイドです。

わーいエイドだー、と公園に入ると、そこから結構な上り坂が続くというだまし討ちのようなエイド。

f:id:kmaebashi:20190530002238j:plain

ろんぐらいだぁす!」3巻より

※寄らない、というのは、実際のAACRではできないと思う……

で、エイドの風景。

f:id:kmaebashi:20190526074016j:plain

伝説の味噌おにぎりに、

f:id:kmaebashi:20190526074113j:plain

漬物バイキング。

f:id:kmaebashi:20190526074448j:plain

この時点ではまだそんなに暑くはなかったのですが(長野の山の中、朝の08:00過ぎですし)、この日は全国的に猛暑が予想された日なので、塩分も補給しないと、ですよね。

f:id:kmaebashi:20190526075522j:plain

「駐輪場」とあるのに実態はただの芝生で自転車が横倒しに置いてある、というのは、ロードバイクにあまり縁のない人には異様な光景に見えると思いますが、みんなスタンド付いてないんだからしょうがない。

大町エイドから次の大町木崎湖エイドまでの間で、北アルプスがきれいだったので1枚。

f:id:kmaebashi:20190526082117j:plain

大町エイドと木崎湖エイドの間の距離は短く、ほんの10kmちょい走れば到着です。

f:id:kmaebashi:20190526083224j:plain

そうめんに、

f:id:kmaebashi:20190526083406j:plain

水ようかん。

去年は120kmだったので早いうちにここに着いて、朝方雨が降ったりして寒かったこともあり、寒いのに冷たいものばかりかよと思ったものですが、今年は十分暑かった……

次のエイドまでの間に、また風景を1枚。

f:id:kmaebashi:20190526092538j:plain

次のエイドは白馬エイドです。

f:id:kmaebashi:20190526101946j:plain

f:id:kmaebashi:20190526102133j:plain

紫米おにぎりに、

f:id:kmaebashi:20190526102601j:plain

豚汁。

白馬エイドで出発前に撮った風景を何枚か。

f:id:kmaebashi:20190526104204j:plain

f:id:kmaebashi:20190526104207j:plain

f:id:kmaebashi:20190526104214j:plain

f:id:kmaebashi:20190526104327j:plain

f:id:kmaebashi:20190526104356j:plain

白馬エイドを出てすぐのところで、白馬のジャンプ台が見えます。

f:id:kmaebashi:20190526105514j:plain

これじゃ小さいので望遠にしようと思ったら、なんかスマホのカメラは連写モードになった。機械オンチで悲しい。

f:id:kmaebashi:20190526115005j:plain

公式のエイドでも何でもないですが、AACR参加者には有名なヤマザキYショップ。ここのおやきは外せないよね。

f:id:kmaebashi:20190530005623j:plain

ろんぐらいだぁす!」3巻表紙より

去年はトイレを借りたくて偶然寄ったのですが、160km参加者となると皆さんご存じのようで。

f:id:kmaebashi:20190526115013j:plain

f:id:kmaebashi:20190526115608j:plain

オーソドックスに野沢菜をいただきました。

ここから次のエイド、中山高原エイドまでが大変でした。延々と続く上り坂。

ようやく辿り着いてみたら、なんかエイドは大行列。

f:id:kmaebashi:20190526123719j:plain

f:id:kmaebashi:20190526124449j:plain

蕎麦の薄焼きに、

f:id:kmaebashi:20190526124656j:plain

冷奴。この冷奴の提供に手間取って大行列ができていたらしい。

どっかで見たような味噌おにぎりもありますが、大町エイドで残ったものを運んできたようです。私は食べませんでしたが、漬物もありました。

ここからは下りです。途中、「4キロ延々下り」という区間があり、ここは楽しい。

ところで今回走りながら自分に課したルールがあって、それは「抜くなら上り坂で抜け」というものです。上り坂をひいこら登っている時に抜くのは私より遅い人を抜くことが多いでしょうが、下り坂で遅い人はおそらく慎重な人なのであり、そういう人を抜いてイキっていてもしょうがないよね、と。おおむね守ったつもり。

最終エイドは安曇野エイドです。

f:id:kmaebashi:20190526142706j:plain

リンゴジュースと、あとゴマおはぎもあったのですが、そちらは写真を撮り忘れました。

120kmならここから6.4kmも走ればゴールなのですが、160kmだと20kmほど走る必要があります。この区間は、激坂はないもののじんわりと登りで、信号やら一時停止が多く、なかなかスピードが出せない区間ではあったのですが、黙々と漕ぎつづければ

f:id:kmaebashi:20190526155037j:plain

ゴール!!

f:id:kmaebashi:20190526155405j:plain

完走証。

f:id:kmaebashi:20190526155345j:plain

完走すると「おめでタイ焼き」がもらえます。これ、去年はアイスクリーム入りだと思ったのですが、今年は普通のたい焼きだった。あれ?

公式が事前に配布している目安タイムというのがあって、

f:id:kmaebashi:20190530011802p:plain

おやきを食べていた白馬→中山高原のところでちょっと遅れましたが(原因はおやきのせいだけではなく上り坂も大きかったと思う)、おおむねスケジュール通りにゴールできました。

ところで、160kmとはいうものの、実際の距離は上の公式の累計距離を見ても156.2kmです。まあこれぐらいはおまけでよいとして、ただ私のサイコンでは

f:id:kmaebashi:20190526162412j:plain

153.86kmになっていました…… 途中、速度計が明らかにおかしくなったのを目撃したりもしたので、輪行でセンサーがずれるとかして、私のサイコンがちょっと拾い損ねてたのかな。

いずれにしても、ゴールしてから松本駅まで自転車で行かなければ帰れないわけで、

f:id:kmaebashi:20190526184130j:plain

160kmは超えます。

で、松本駅に行く途中のスーパー銭湯で汗を流して着替えて、松本駅で自転車を輪行袋に詰めて、みどりの窓口で席を取ったら2時間後。まあ、そうなったらビール飲むしかないよねー。

f:id:kmaebashi:20190526183943j:plain

クラフトビールとか

f:id:kmaebashi:20190526185031j:plain

フライドチキンとか

f:id:kmaebashi:20190526185706j:plain

名前忘れたけど緑色のビールとか

f:id:kmaebashi:20190526191736j:plain

ピザとか

f:id:kmaebashi:20190526192028j:plain

穂高地ビールとか。

で、最寄り駅まで帰りついて輪行解除して、酒入ってるので押して帰りながら近所の店でもうちょっと飲んだりして、翌日の月曜は疲れ果てていることがわかっていたのであらかじめ有休をとっておきました。

で、洗濯とかしながらのんびりしつつ、自転車のクランクを回してみたら回らない。輪行でディレーラーでも壊したかと焦りましたが、輪行解除が雑すぎてスプロケにチェーンがはまっていなかった。やっぱ疲れていたよなあ。

昨年に引き続き、たいへん楽しいライドでした。また来年も行かざるを得ませんね。

(ただ、160kmだと私の走力ではやっぱりちょっと余裕がないので、120kmぐらいでもよいかも)

JavaScriptでテトリス風ゲームを作ったよ

ずいぶん久々の更新になってしまいました……

という話はさておき、タイトルの通り、JavaScriptテトリス風のゲームを作りました。

http://kmaebashi.com/programmer/tetris/index.html

ゲーム画面はこんな感じ。

f:id:kmaebashi:20190519230449p:plain

遊び方やゲーム本体のページへのリンク、ソースプログラム一式は上記のページに記載しています。

テトリスのひとつやふたつ、今時中学生でも作りそうですが、私自身は仕事でWebアプリを作ってもフロントエンドにかかわることが少ないので、ES6の勉強がてら作ってみました。ES6なのでIEでは動きませんが、今時のたいていのブラウザなら動くと思います。さすがにもう、趣味的な用途では、IEは無視していいよね……*1

生のJavaScriptで、画面描画にはCanvasを使っています。React.jsもVue.jsも使ってません。

しかし何だ、たったこの程度のプログラム(JavaScriptは320行)でさえ、「型なし言語逝ってよし!」と叫びたくなった。ひとりで書いていてさえこれだ。

*1:「趣味的な用途」以外では、無視できないと、今でも思っています。不本意ながら。

しまなみ海道に行ってきたよ (その2)

前回の記事の続きです。

kmaebashi.hatenablog.com

しまなみ海道、片道走り終わって今治駅に到着したので、折り返して大島の宿に向かいます。

f:id:kmaebashi:20180714155223j:plain

今治駅到着時点での走行距離は84.64km。新尾道から来ているとはいえこんなにあるはずはないのですが…… 道を間違えたからな。

f:id:kmaebashi:20180714160256j:plain

今度は尾道行きの青線に沿って走ります。

f:id:kmaebashi:20180714190622j:plain

で、昭和な民宿に到着して風呂入ってウェアを洗濯して夕食。宿のメシっていつもそうですが、量多すぎ。

もちろんお酒もいただきました。ビールと日本酒。

f:id:kmaebashi:20180714200831j:plain

〆は鯛めしとお吸い物でした。おばちゃんに執拗にお代わりを勧められるので2杯食べることに。

食事を終えると、何しろすることもありません。自転車旅は荷物が持てないので今回はタブレットすら持っていきませんでしたし、テレビは普段から観ないし、早々に寝てしまいました。

たっぷり寝てから、翌朝、またたっぷりすぎる朝食をいただいて、尾道に向かって走ります。

1日目で折り返しから大島まで走っているので、復路は時間の余裕があります。そこで、行きにパスした「サイクリストの聖地碑」なるところに寄ってみようと考えたのですが、なんか看板の意図を読み誤ったようで、「え、こっち?」と思いながら激坂登ったら、展望台がありました。

f:id:kmaebashi:20180715102326j:plain

多々羅展望台です。

f:id:kmaebashi:20180715101916j:plain

そこから見える多々羅大橋

その他、同じく展望台から撮った写真を載せておきます。

f:id:kmaebashi:20180715101926j:plain

f:id:kmaebashi:20180715102009j:plain

f:id:kmaebashi:20180715102026j:plain

道を間違えた挙句激坂を登る羽目になったわけですが、おかげでこんな風景が見られたのなら結果オーライですな。

f:id:kmaebashi:20180715103443j:plain

で、こっちが本当の「サイクリストの聖地碑」。

f:id:kmaebashi:20180715103451j:plain

2014年というとエヴァのエントリープラグを思い出したりするのですが、

f:id:kmaebashi:20180724232436p:plain

すっかり過去になってしまいましたね……

「サイクリストの聖地碑」の周りには、あまり実用的とは思えないサイクルスタンドがいくつかあります。

f:id:kmaebashi:20180715103157j:plain

f:id:kmaebashi:20180715103211j:plain

f:id:kmaebashi:20180715103223j:plain

f:id:kmaebashi:20180715103230j:plain

f:id:kmaebashi:20180715103422j:plain

こうやって使う(のか?)

今回は、宿でちゃんと詰めてきたので、サドルバッグの口がちゃんと閉まっている…… のですが、ぱっと見じゃわからないか。

f:id:kmaebashi:20180715104548j:plain

サイクリストの聖地碑は、道の駅多々羅しまなみ公園にあります。そこで「でこたんソフト」という柑橘系ソフトクリームを購入。

f:id:kmaebashi:20180715110640j:plain

そこにあった自販機。

あとはまあ、適当に撮った写真など。

f:id:kmaebashi:20180715112417j:plain

f:id:kmaebashi:20180715112423j:plain

f:id:kmaebashi:20180715113536j:plain

f:id:kmaebashi:20180715123244j:plain

夏の山と青空って好きなんですよ。

f:id:kmaebashi:20180715123410j:plain

崖はよくコンクリートで固めてありますが、おそらくは先日の水害で壊れていました。こういう工事の重要性がよくわかります。

f:id:kmaebashi:20180715134904j:plain

また船で尾道に渡ります。

f:id:kmaebashi:20180715141239j:plain

行きに食べ損ねたはっさく大福は、尾道の菓子店でゲット。

帰りはまた新幹線で輪行で帰るわけですが、汗だくだしサイクルウェアで新幹線に乗るのもどうかと思うし、本当なら銭湯にでも寄って着替えて帰りたかったのですが、まあ断水の尾道で銭湯に入れる気もあまりしないので、上だけ着替えて下はレーパンの上にハーフパンツはいて、なんて格好で帰りました……

f:id:kmaebashi:20180715161337j:plain

新幹線で駅弁。当然のことながら、写真の右にはビールが見えます。

しまなみ海道、聖地だの楽園だの言われるだけあって、大変によいところでした。それだけに、断水のおかげで、グルメライド的な部分があまりできなかったのが悔やまれます。

水害の影響とかないときに、また行きたいものです。

 

 

しまなみ海道に行ってきたよ (その1)

7/14~15にかけて、しまなみ海道に行ってきました。初日で今治まで行って折り返し、大島の宿に投宿、二日目はそこから尾道まで戻るというコースです。

自転車乗りの聖地とも楽園とも言われるしまなみ海道、行きたいとは思っていたものの、事前に宿を取って行くとなると当日天気が悪ければ悲惨なわけで、二の足を踏んでいました。とはいえこんなこっちゃいつまでたっても行けないぞ、というわけで、意を決して宿を取ったら、当日はすばらしく天気が良かったのですが、その一週間前の水害の爪痕が。

こういう時、被災地周辺に行くのは不謹慎だとか、現地の貴重な食糧を食い散らかすのかといった批判はありうると思いますが、私の行った範囲ではコンビニの棚におおむね商品は並んでいましたし、宿をキャンセルして迷惑かけるよりは現地でお金を使うことのほうが重要かなと。もっとも、新尾道で新幹線を降りてすぐのコンビニで水を買おうとしたら、水はおひとり様2本まで、と貼り紙があったし、尾道から向島因島、生地島大三島あたりまではずっと断水状態で、公衆トイレもコンビニのトイレも閉鎖されてて、これは結構困りました……

ところで、しまなみ海道といえば、尾道から今治まで道路にずっと青い線が引いてあり、それに沿って走っていけばどんな方向音痴でも絶対に迷わず走れる、というので有名なのですが、にもかかわらず道を間違えるのが私という人間なのでして。

どうも公衆トイレを確認して(閉鎖されてて使えませんでしたが)その後走り始めるとき、逆方向に走り始めてしまったようで、尾道に向かう方向にも青線はついているので数キロ気付かずだいぶ余分に走ってしまいました…… が、そのおかげで、なんとか使えるトイレの存在に気づいて助かったので結果オーライですけど。

 

f:id:kmaebashi:20180714064750j:plain

名古屋から、始発(6:20)の新幹線で新尾道まで輪行で行きます。これは、新幹線内で購入したワンコインの朝食セットなのですが、さすがに量が少なすぎ。

 

f:id:kmaebashi:20180714082215j:plain

福山でこだまに乗り換えます。「さくら号」を初めて見ました。

 

f:id:kmaebashi:20180714082201j:plain

さくら号後ろから。

f:id:kmaebashi:20180714090606j:plain

新尾道輪行解除。今回、リュックを背負わなくてよいようにサドルバッグを購入したのですが、足が短いのでサドルが低くでかいバッグを付けられず、圧縮して詰め込んだらなんとかなると思ったのですが、新幹線の中ではいてたハーフパンツを、こんな場所では十分に圧縮できず、サドルバッグが閉め切れていないの図。

f:id:kmaebashi:20180714091614j:plain

新尾道駅近くのコンビニで補給のうえ水を購入。水はひとりあたり2本までの制限がかかっていました。今にして思えば、そんな貴重な水じゃなくてお茶なりスポーツドリンクなりにしておけばよかったですね。翌日からはそうしました……

f:id:kmaebashi:20180714093727j:plain

尾道から向島までは、船で渡ります。

f:id:kmaebashi:20180714094252j:plain

向島着。ここではだいぶ消えかけていますが、今治まで続く青い線です。

f:id:kmaebashi:20180715132043j:plain

これは実際には帰りに撮った写真ですが、向島から因島に渡る因島大橋です。

f:id:kmaebashi:20180722170135p:plain

別に聖地巡礼に行ったわけではないですが、「ろんぐらいだぁす!」5巻より。

f:id:kmaebashi:20180722170305p:plain

まあ、「ろんぐらいだぁす!」でも説明されているとおり、橋まで登る道は、レンタルのママチャリでも登れるくらいゆるい坂になっているのですが、

f:id:kmaebashi:20180722170543p:plain

ゆるい坂ということはそれだけ距離を走るということではあります。山道の中、緑に囲まれたところを走るのだから、苦にはなりませんけど……

f:id:kmaebashi:20180714111919j:plain

ただ、今回ばかりは、山の中の道であることが災いし、2か所ばかり通行止めに。どちらも迂回路があって、まあ進むことはできましたが、

f:id:kmaebashi:20180714150430j:plain

こんな感じで土が散らばっているところはいたるところに。こんな土でも、ロードバイクのタイヤだと結構怖いものです。

f:id:kmaebashi:20180714101426j:plain

話を戻して、因島大橋橋の下に自転車が通る橋があります。

f:id:kmaebashi:20180722171332p:plain

これまた「ろんぐらいだぁす!」より。

f:id:kmaebashi:20180722171530p:plain

因島では「はっさく大福」が有名らしいのですが……

f:id:kmaebashi:20180714103033j:plain

ろんぐらいだぁす!」で取り上げていた店そのものではありませんが、扱っているらしい店があったので近寄ってみたところ、

f:id:kmaebashi:20180714103056j:plain

尾道から、しまなみ海道前半ぐらいまでは全域断水で、飲食店もほぼ休業状態でした。コンビニはやっていたので、コンビニで補給して進みます。

f:id:kmaebashi:20180714112428j:plain

因島から生口島まで生口橋で渡ります

f:id:kmaebashi:20180714123232j:plain

瀬戸田サンセットビーチでようやくトイレを借りることができました。ここは海水浴場なのですが、こんな休日に、閑散としたものでした。断水で、シャワーとか使えないので仕方がないのかもしれませんが(トイレだけは、なんとか使えるようにしてくださったのだと思います)。

f:id:kmaebashi:20180714122923j:plain

補給。

f:id:kmaebashi:20180714125124j:plain

橋。多々羅大橋かな。

f:id:kmaebashi:20180714131135j:plain

うっかり青線を外れたらしく、ちょっと急な坂。青線のある道はもっとゆるい坂なのですが、ロードならこのくらいの坂は登れるし、すぐ青線に合流しましたけれど。

f:id:kmaebashi:20180714131733j:plain

橋。大三島橋になるのかな。

f:id:kmaebashi:20180714133133j:plain

こういう青い線が引いてあるのに、道を間違える私。今治に向けて走っているはずなのに、いつの間にか尾道方面に向かっていたことにこれを見て気が付いたわけです……

f:id:kmaebashi:20180714133629j:plain

伯方・大島大橋

f:id:kmaebashi:20180714134710j:plain

渦。

f:id:kmaebashi:20180714143630j:plain

 

大島まで来ると道の駅も機能していました。昼飯にしては遅い時間だったし、夕食のことも考えて軽くうどんでも、と思ったのですが、えびがでかくてプリプリでうまかった。

f:id:kmaebashi:20180714150919j:plain

来島海峡大橋。4105mの巨大な橋です。

f:id:kmaebashi:20180714154956j:plain

青線が途切れたところに今治駅があったので、ここが終点かな、と折り返したのですが、

f:id:kmaebashi:20180722173800p:plain

え、「サンライズ糸山」というのがゴールだったの?

f:id:kmaebashi:20180722173924p:plain

……次回はそこまで行こう。

ともあれ今治駅で折り返し、大島まで戻って1泊したのですが、そこからの話は別記事にします。

続きはこちら。

kmaebashi.hatenablog.com